ユニバーサルデザイン | お風呂場や水周りを楽しくするための設計方法がある

お風呂場や水周りを楽しくするための設計方法がある

ユニバーサルデザイン

家での事故で怪我をする人の数は意外と多いものである。
残念なことに死亡事故も多く、特にバスルームでの転倒が原因のものもいくつかある。
バスルームは床が水に濡れており、特に転びやすい場所である。
水が排水しやすいように、床や壁に使われている素材はすべすべなものが大半となっている。
水を使う場所と脱衣所を分けるために、段差が設けられており、浴槽は水を溜めるために溝が作られている。
そのため、バスルームには点灯しやすい要素が集まっているといえるのである。
家族で高齢者や幼児がいるのであれば、そういった足元がおぼつかない人々にも考慮した作りのバスルームを作るべきであるといえる。

誰にでも合ったデザインをするというのが、ユニバーサルデザインである。
操作がしやすく、分かりやすいというのがユニバーサルデザインの基本となっており、バスルームでいうと、無理な移動や姿勢にならないことが重要である。
リラックス出来る場所であるバスルームなので、滑りやすい素材を床に使わないということも基本となる。
床には滑り止めが施されており、従来のタイルよりも汚れにくい上に滑りにくい作りになっている。
また、出入口の床を無くしたタイプも多く、そうであっても水が他の場所まで広がらないように工夫されている。
バスルームを構成するものではシャワーなどがあるが、ひねるタイプではなく、スイッチ式であればオンオフの切り替えがしやすい。
蛇口も体にあたって傷がつかないような作りにしている。