お風呂場や水周りを楽しくするための設計方法がある

お風呂場の風景

デザインの重要性

生活にデザインを組み込むと、もっと人生は豊かになる。
最も過ごす時間が長い住宅には、体を守ってくれる機能が第一に求められる。
このため、地震などの災害から住民の身を守ってくれるような設計がされている。
こういった設計は、構造で生かされており、建物の基礎部分や壁の中にある骨組みが縁の下の力持ちとなっている。
住宅に付随するあれこれは、そうした安全性の上に成り立っているのである。
そして、骨組みの上には外の環境から守ってくれる壁や、ペンキなどが施される。
ただ外の環境からの影響を防ぐだけでなく、中で快適に過ごすということも、住宅には求められる。
バスルームやキッチンといった水周りは快適さを約束するもので、衛生面でも活躍している。

住宅を始めとする建築物は、一つの芸術作品である。
そういった性質があるものという様に住宅を捉えれば、もっと住宅に期待したい働きが出てくる。
特に、水周りは最も生活の根幹を支えるものなので、機能性がなければならない。
機能性だけでなく、おしゃれさもついてくるのであれば、より楽しく生活をすることができる。
おしゃれであることを、よくデザイン性があるというが、デザインの意味は広く、機能性も含まれるのである。
バスルームを見るとわかるが、バスルームには水が流れやすいように、床を微妙に傾斜が付けられて設計されている。
こうした工夫もデザインの一つといえ、素材に気をつけるとより機能性が高まり、おしゃれさも増すのである。

記事一覧

重要な場所

家を作る、リフォームをするという時には、寝室や部屋割りなどと共に最も重要視したいのが、バスルームなどの水周りである。水周りの効率が良ければ、その家は住みやすい家である。

続きを読む

工法から考える

バスルームの作り方にはいくつかの方法がある。依頼する業者によっても、在来工法か、ユニットバスか違った工法になるので、お風呂場にこだわりたい場合は調べることが大事である。

続きを読む

家のタイプから考える

分譲マンションであっても、バスルームのリフォームをすることができる。一戸建て用や集合住宅用など、様々な形式でユニットバスが提供されているので、家の種類を考えながら合ったデザインを選べる。

続きを読む

浴槽を楽しむ

バスルームで最も広い面積や容積を占めるのがバスタブである。バスタブにもモダンタイプやクラシックタイプなど色んな種類があるので、ヨーロッパ調にバスタブが独立した風呂場にする方法もある。

続きを読む

ユニバーサルデザイン

高齢になってくると、バスルームで足を滑らせて転んでしまうこともある。家族の年齢に合わせて、どんな年代の人でも使うことができるような、便利な風呂場にしたいものである。

続きを読む